クリニック紹介・診療時間・アクセス

院長

院長「健康で美しく生きるために、栄養をバランス良く摂る」
言葉だけで見ると、当たり前過ぎるようにも映りますが、栄養をバランス良く摂る――これはとても難しいことなのです。
今日は野菜を食べてないから夜は野菜サラダを食べよう、貧血気味だからレバーを食べよう、と考えることはもちろん間違いではありません。むしろ一般的には、食べ物と身体の関係に気を遣っている人の考えと見られます。
しかし実際に摂取している「栄養素」という観点から見ると、これは曖昧な判断基準と言えます。たとえば一日に必要な野菜の摂取量は350グラムだと言われていますが、この350グラムをすべて1種類の野菜で補っても、充分な栄養素を摂取できたとは言えませんよね。いろんな野菜を摂らないと意味がないはずです。このように、一般的なレベルで私たちが「栄養バランス」を考えるとき、その基準は実はとても曖昧なものなのです。
またこれは近年盛隆を見せるサプリメントの選び方にも言えることで、「貧血っぽいから鉄分のサプリメントを買おう」というレベルの選び方では、必ずどこかで間違いが起こってしまいます。そういったことが重なると、自分としてはきちんと食べているはずなのに、サプリメントまで摂っているのに病気になる、という事態に陥ります。

栄養障害は、心と身体に不調をきたします。肌荒れから目まい、頭痛、肩こり、自律神経失調症、不眠、鬱病、不妊など、さまざまな症状や病気が起こり得る、危険な状態です。
当院が行う「サプリメント療法・栄養療法」では、一般的に行われている血液検査の2~3倍の項目数(約60~80項目)について測定する詳細な血液検査結果より、患者様1人1人の栄養状態を把握するところから始まります。
その不足分を、GMP基準(世界保健機構が規定した医薬品製造の国際規格基準)に適合した素材から製造された高純度・高品質のドクターユーズのサプリメントにより補います。また、栄養カウンセラーによる食事指導も行っております。
これらは決して一時しのぎのものではなく、体質改善を目的としたものですので、身体は内側から徐々に健康になっていきます。そうして作りあげられる健康は以前より強固なものであり、病気になりにくい身体を実現します。 体質改善により、美肌効果や、ダイエット効果も期待できます。この、健康と美容を両立した治療の提供こそ、当院の目指すところです。
鈴木 昌秀

資格

  • 医学博士
  • 日本専門機構認定形成外科専門医
  • 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
  • 日本美容外科学会認定専門医
  • 日本臍帯プラセンタ学会理事
  • 日本キレーション協会キレーション治療認定医

所属学会

  • 医学博士
  • 日本専門機構認定形成外科専門医
  • 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
  • 日本美容外科学会認定専門医
  • 日本臍帯プラセンタ学会理事
  • 日本キレーション協会キレーション治療認定

経歴

平成5年 近畿大学医学部卒業。近畿大学医学部形成外科に入局し、麻酔科を含め、多くの症例を経験。
平成11年 ベルランド総合病院形成外科ヘッドとして、地域医療に尽力する。この頃より、薬漬けや検査漬けの医療の在り方に疑問を抱き、胎盤組織療法への取り組みも開始する。
平成12年 大阪府大阪市天王寺区に「たにまちクリニック」を開院。
平成13年 ベルランド総合病院を退職し、たにまちクリニックにおいて、美と健康の医療に情熱を燃やす。

栄養カウンセラー

鈴木 典代

ごあいさつ

私が栄養療法に興味を持ったのは、今から14年前です。
ジャズダンスに明け暮れていた11歳の娘の足底腱膜炎がこの治療との出会いでした。
整形外科ではレントゲンを撮り、湿布薬と鎮痛消炎剤の投薬と、安静にしてくださいの一言でした。
1週間経ち、1ヵ月が経ち、全く良くならない娘を見ていて
このままでは治らないと確信しました。
その頃、関西では、栄養療法実践されてる医療機関がなく、
唯一、栄養療法を取り入れていた大阪の『たにまちクリニック』の院長に相談したところ、それは栄養欠損だよ!!の言葉に
え~~~!!
栄養?医療用サプリ?って半信半疑でしたが、可能性にかけて取り組みました。
採血結果は、想像以上の栄養欠損だったのです。
娘はみるみるうちに痛みも取れ10日程でレッスンも再開でき、以前よりもハツラツとイキイキしているのが伝わってきました。
これには驚きしかありませんでした。何故なら今まで聞いたこともない治療でしたから。
この治療っていったいどんな仕組みになっているんだろう?
薬を使わずに治せたら、どれほど危険がなく、嬉しいことでしょう。

人の人生の質に違いを創ることができる治療法かもしれないと思い
これを機に、栄養療法の可能性を確信し、ハマっていきました。

今では、鬱・パニック・睡眠障害・起立性調節障害・アトピー・糖尿病などの生活習慣病・ガンの補助療法・不妊治療中の方
また、頭痛・肩こりにお悩みの方々などへのカウンセリングやお食事指導などをさせて頂いております。

もっともっと多くの方々にこの栄養療法(オーソモレキュラー療法)をお伝えしたいと思っております。

診療時間

土・日・祝
休診日 10:00

18:00
10:00

18:00
休診日 10:00

18:00
9:00

17:00

最終受付は診療終了時間の30分前になります。

休診日:月曜日・木曜日
完全予約制となっておりますので、まずはお電話(06-6776-8966)またはWEB24時間仮予約フォームにてご予約をお願いいたします。
※院長が学会出席のため急遽休診になる場合は、月曜日か木曜日を振替診療日とさせて頂きます。

住所

〒543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9-21 FUSION+(フュージョンプラス)7階

クリニック紹介