ブログ

2019.07.17

ビタミンベビー

こんにちは。

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

私がビタミンベビーという言葉を聞いたのは、オーソモレキュラーを勉強し始めて2・3年経った頃でした。

以前にもブログでご紹介しましたが

生後3か月のアトピーの赤ちゃんの治療で

お母様の採血をし、足らない栄養素を医療用サプリメントを摂取していただき、その母乳を通して治療した症例がありますが

ちょうどその頃に、新婚だった弟のお嫁さんが貧血がひどいといって相談がありました。

もちろん貧血を治すのは簡単だと思いましたが、栄養状態が良くなると妊娠しやすい体質になるので

そのまま妊娠したらラッキー♡という意図が強かったせいか(笑)

サプリ摂取し始めて3か月目で妊娠しました。

それからは日々の食生活の見直しと、毎月ガッツリとサプリメントを送って、3か月毎に採血をしデータを診ながらサプリ調整をし38週目で出産しました。

それはそれは肌が真っ白で、とにかく綺麗な姪っ子の誕生でした。

母子同室でしたが夜もぐっすり眠っていましたし、夜泣きはしないし、おむつかぶれもありませんでした。

弟のお嫁さんは妊娠中もとても元気に過ごしていたことを記憶しています。

今は13歳になりもちろん初潮も迎えましたが大きな病気もなく、いまだにお肌は真っ白^^

弟の娘にしてはとても頭が良いんですよね~~(笑)

今はバスケットボールとダンスと英語にハマっているそうです。

妊娠中の栄養ってとても大事ですよね。

特に妊娠中のタンパク質の摂取量は普段の1.5倍は必要ですし、鉄欠乏に陥りやすいので特に気を付けました。

亜鉛というミネラルは妊娠中期頃からとても必要になってきます。

第二子の姪っ子・その後の甥っ子も全員ビタミンベビーです。

クリニックの患者様にも何人ものビタミンベビーが産まれていますが

皆さんが口を揃えておっしゃる事は、妊娠中が楽で産休に入るギリギリまで仕事が出来たと言います。

また、とにかく病気をしない、したとしても悪化することがない。

肌がとても綺麗で、表情が豊かで身体もしっかりしているというお母様の声。

今、私が一番楽しみにしているのは9月に出産予定のベビーちゃんです。

このご夫婦は体調不良で4年前に栄養療法をされ、1年程で体調が良くなってきたので

そろそろ子供が欲しいなぁ~という気持ちになられ妊活されましたが、思うようにはいかず

それから3年目での妊娠でした。

お二人とも40歳を超えていたので、カウンセラーの私も正直、焦りがなかったとは言えませんが(-_-;)

本当にコーチャブルで、素直で真剣に取り組んでくださる姿勢には頭が下がる思いでした。

今回の妊娠も、安定期に入るまでは何が起こるかわからない!!

まだまだ油断は禁物だ!!ぬか喜びはできない!!と自分自身に言い聞かせました。

では安定期に入り、もう大丈夫ですと聞いた瞬間は鳥肌が立つぐらいに嬉しかったです。

半泣きになってしましました。

もうすぐ産休に入られると聞き、お腹も大きく目立ってきてとても微笑ましいです。

私はこのご夫婦の在り方から学ぶこともたくさんあり、心から承認し、尊敬があります。

9月には可愛い女の子が生まれてくることを楽しみにしています。

少し長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。

たにまちクリニック8月移転になります。

移転先は上本町6丁目です。 電話番号は変わりません。

当院LINEなどでも詳細は配信しておりますので登録の方お願い致します。

 

 

2019.07.06

栄養療法との出会い

本日もブログをお読みいただいてありがとうございます。

ブログを書く事って慣れていなくって、今日は何を書こうか!!

もちろん栄養療法(オーソモレキュラー療法)についてなのですが、私はドクターではないので

採血データの読み方だったり、治る!治った!という言葉は禁忌ですから

このブログでは、私が栄養療法に携わってたくさんの患者様とのカウンセリングの中で見てきたこと、感じたこと、会話だったり・・・

良かった事、悪かった事、改善していきたい事なども書いていきたいと思います。

今日は私が栄養療法にハマった(笑)きっかけを書いてみようかと思います。

私には二人の子供がいます。

既に27歳・28歳ですから、もう立派な大人ですが・・・(@_@)

この子達が中学生に入った頃に栄養療法を知りました。

きっかけは当院HPでもありますように、幼少の頃からダンスをしていた娘の足底腱膜炎の治療でした。

その頃は専業主婦でしたから、オーソモレキュラーの事は無知で

お食事、おやつ、清涼飲料水なども極々一般的なものを与えていましたし

ましてや、それが普通だと思っていました。

幼少の頃は、ちょっと鼻水が出たら耳鼻科へ連れていき、ネブライザーをしたり、抗生剤の水薬を飲ませたり

お盆休みや年末は風邪を引いたとき用の抗生剤や解熱剤を処方してもらっていました。

今、考えたらゾッとします。

というのはお薬が悪いのではなくて、何でもかんでも薬に頼って

風邪をひかない身体創りイコール毎日の食生活の見直しをすることが私の中では全くなかったのです。

娘の話に戻りますが、足底腱膜炎は歩くだけでも痛みがあり、ましてダンスなどはできません。

整形外科での治療は、お決まりの、湿布・ロキソニン・安静の3点セット(-_-;)

半月が経ち、痛みも良くならずダンスレッスンが出来ない娘のイライラMAX!!

「ママ!いつになったら治るの? お医者さんの言うとおりにしているのに全然治らんやん!!」

その言葉で、何か違う!!と思いました。

平成17年当時は、大阪で唯一栄養療法の採血をしていた

たにまちクリニックで検査をしました。

検査結果はお見事に栄養欠損でした。

はぁ?栄養失調? 普段からちゃんと食べさせているし、お食事にはお金かけてたし・・そんなはずはない!!

という傲慢チキチンな私でした(@_@)

タンパク質不足・重篤な鉄欠乏・ビタミンB群の欠乏プラス、コンドロイチン・ビタミンCを

これ中学1年生の子に飲ませてもいいの?と思うぐらいの量にはさすがに驚きましたが

ダンスが踊りたい娘は、毎日欠かさず文句一つ言わず摂取しました。

お見事でした!!

なんと、ほんの5日目ぐらいから「ママ!!足治ったみたい!!痛みが取れてきた!!」

そんなバカなぁ~~ ホンマかいなぁ~~って

私が一番驚きましたが、摂取開始から1週間後にはレッスンもでき、舞台にもあがりました。

狐につままれたようでしたが、これが栄養療法っていったい何なん?

足らない栄養素を摂取することで痛みが消える?

これが私が栄養療法に興味を持ち、そして今もカウンセラーとしてここに居ます。

たにまちクリニックは開業20年目を迎えました。

8月には上本町6丁目に移転になりますが

これからもこの栄養療法がもっともっと多くの方々のお役に立てる治療になると確信しています。

今日は私のお話になってしまいましたが、次回はビタミンベビーをご紹介したいと思います。

明日は七夕ですね。

楽しい週末をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

2019.06.26

修学旅行も参加できましたとの報告

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

先週、2回目の採血に来られた中3男子くんですが

5月に修学旅行に参加できたとの報告がありました。

3月に初診で来た時は本当にしんどそうで、覇気がなく、始終うつむき加減でお話しをしてるのが嘘のように

元気になりました。

彼はもともと、すごく元気で学校でも活発だったのに

急に倦怠感に襲われるような症状が出始め、電車が載れない、学校に行けない日々が続きました。

なぜ急にこんな症状が出たのか困惑していました。

本人が1番ショックだったと思います。

お食事の見直しと、採血データから足りない栄養素を優先順位で4種類のサプリメントを摂取していただきました。

1か月半後ぐらいから体感も得られるようになり、学校にも行ける日が多くなり

目標だった5月の修学旅行にも行けるほどまで良くなりました!!

旅先でのお食事の管理などは少し先生に手伝ってもらったけど、楽しく過ごせたそうです。

ご両親は駅までお迎えに行ったのですが、とても元気に帰ってきて安心したと仰っておられました。

どう? 修学旅行は楽しかった?と尋ねたら、信州はメッチャ寒かったですよ~~^^って関西弁の中学生らしい言葉が返ってきたので

それを聞いた瞬間に私までがホッとしました(笑)

まだまだ無理は禁物ですが、やっぱり笑顔を見るとカウンセラーとしてまだまだ勉強をして

一人でも多くの人に伝えていけたらいいな~と思います。

さぁ!!明日からはG20開催で、大阪市内はものものしい雰囲気になっていますが

明日は高速道路も通行止めになりますが

たにまちクリニックは通常通り診療しております。

ご来院お待ちしております。

 

2019.06.19

men’sニキビも栄養が大事なんです!!

こんにちは。

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

なかなか梅雨入りしない大阪は今日も最高のお天気です!!

今日は21歳のmen’sニキビの経過について書いてみますね。

S君は2月にニキビ治療でたにまちクリニックに来られました。

たにクリに来る前も某美容外科でニキビの治療をされていました。

(治療の内容は聞いておりません)

問診表には保険内での治療を希望なのか、自費での治療の話も聞いてみたいの欄には記載がありませんでしたが

カウンセリングでは保険も、自費も含めて治療法のお話はしました。

彼は初めて耳にする栄養療法(オーソモレキュラー療法)にとても興味を示し、検査をされました。

ニキビの治療で採血❓❓

他院では聞いたこともない治療法に、もしかしたら可能性を感じたのかもしれませんね(#^^#)

同日に保険内で漢方薬とニキビ治療薬(塗り薬)を処方しました。

さぁ~1週間後に解析結果です。

検査データではタンパク質不足・鉄欠乏・ビタミンB群・亜鉛も足りていない事がわかりました。

そして、もう一つ大きな問題がありました。

職場でのストレス・・・食事・・・ハードなトレーニングetc

専門学校に行ってからニキビが悪化し、就職してからのお食事の内容は

朝は不規則・昼はお弁当・夜は出前・夜勤もあるし、早く食べないと先輩に怒られる・・・

昔から貧血があり、筋トレなどでは息切れやめまいもあったそうです。

お食事の大事さや、食べ方などもお伝えし

彼は2月からとっても真面目に頑張ってサプリメントを飲んでいます。

今ではニキビの投薬もなくなり、サプリメント購入で月1たにクリにきてくれますが

もちろんニキビは落ち着いていて、化膿することもなく・赤みもないし

(古いニキビ跡の色沈は気になるけど、もっと薄くなるのを待とうね~~^^)

そして、肌の艶も良く、とっても元気で、力強さ・イキイキさを感じました。

笑顔も可愛くて、ニコニコしながら「僕、メチャ真面目にサプリ飲んでますよ~~」って

仰っていたのがとても素直で真面目な子だなぁ~と感心しました💛

どんな治療でも素直さ・真面目さって効果倍増するのかもしれませんね!(^^)!

ニキビはお食事の見直しだけでも、かなりの効果がありますし、

アレルギー・蕁麻疹を繰り返したり、頭痛や肩こりが治らない・・・

同じ薬を1年も2年も飲んでいるけど治らない。

薬が効いているのか効いていないのかも解らずに飲み続けている方が本当にたくさんいらっしゃいます。

その前に日々の食生活の見直しをしてみましょうよ^^

カウンセリングは無料ですので、ご予約の上お気軽にご相談にお越しください。

 

たにまちクリニック

06-6776-8966

大阪メトロ 谷町線(紫色)・千日前線(ピンク色)谷町9丁目駅 3号出口上がって20歩

毎週月曜日・木曜日休診

午前診10:00~13:00 午後診14:00~19:00

2019.06.16

ビタミンB群はとっても大事

今日の大阪は、気温も低く過ごしやす~~いけど
なんかスッキリしない空模様・・・

梅雨のシーズンになりましたが、この時期になると体調を崩しやすい気候になっているので
「食事」「睡眠」「運動」の観点から梅雨時期の健康対策をみてみましょう。

まずはお食事ですが、私たちは食べているものでできている!!
お食事の見直しだけでも、体調は変わります。
まずは何といってもタンパク質をしっかり食べていただきたいです。

肉・魚・卵といった動物性たんぱく質
豆腐・納豆などの植物性たんぱく。。。
ハンバーグ・鶏そぼろでしたらお子様でも食べやすいですのでお勧めです。

次にビタミンB群はとっても大事~~!!
ビタミンB群はタンパク質・脂質・糖質をエネルギーに変える時に絶対に必要なビタミンなのです!
疲労回復・質の良い睡眠をとるには、このビタミンBは必須です。

またお子様の頭脳発育には欠かせないビタミンです。
不足すると、夜泣き・けいれん発作・落ち着きがないなどの原因にもなります。

ビタミンBを多く含む食べ物って??
豚肉・マグロ・うなぎ・牛レバー^^
調べてみたらたくさんあるのでググってみてね~~

「睡眠」
快適に眠れる環境は気温26度以下・湿度50~60%ですので
エアコンで26度前後に保つと寝やすくなります。
湿気が多いととても不快で、睡眠の質を下げる原因にもなりますのでエアコンをうまく利用しましょう。

ビタミンB群の不足でも睡眠の質が落ちますからしっかりとお食事で摂ってください。
ビタミンBは、B1・B2・ナイアシン・B5・B6・B12葉酸・ビオチンといった複合体で摂取するのが望ましいですので
サプリメントを使うのが簡単かな・・・^^
いつでもご相談くださいね~~💛

「運動」
簡単な運動を10分でも良いので続けることが大事です。
例えばストレッチや、30分ウォーキング・ラジオ体操も簡単で続けやすいかもしれません。
梅雨の時期は身体の中に水分が溜まりやすく、浮腫みや、食欲不振につながります。
少しの運動でも良いので身体を動かしてみましょう。

そして運動をするときはお水をしっかり飲んで、呼吸もしっかりすると基礎代謝があがるので
水分の排出や体脂肪の燃焼が効率良く行われるようになります。
ダイエットにも繋がりますし
汗をかくとお肌もツルツルになりますよ^^

明日は休診日ですので、当院HP24時間仮予約フォームからのご予約をお待ちしております。

お読みいただきありがとうございました。

たにまちクリニック
谷町九丁目3号出口あがってすぐ

ご予約お待ちしております。

2019.06.14

オーソモレキュラー(栄養療法)ってなぁに?

栄養療法ってどんな治療ですか?
と~~っても残念な事に
日本ではまだまだ知られていない??というかメジャーではない治療なんですよね~><

簡単に言うと、採血のデータを分子整合栄養医学的に解析をし、今の身体の中にどんな栄養素が足りていないのか???
っていうことを調べ、その足らない栄養素を薬ではなく、医療用サプリメントを用いて治療をする治療法です。

普段のお食事からではなかなか摂れない・・・
または足りていない栄養素ってあるんですよね^^

こういった栄養素の欠損が
何かしら身体の不調を訴える原因の一つになっているということが言えます。

例えば・・・
頭痛・肩こり・身体は疲れているのに眠れない・熟睡感がない・・・
生理痛がひどくて、生理前になるとイライラしたり気分の変調がある。

しんどくて朝が起きれないから家事ができないし、学校にも行けない・・・
寝ても寝ても、疲れが取れない・・・
とにかく身体がしんどい・・・
アレルギー・アトピー性皮膚炎・花粉症・不妊・鬱etc

たにまちクリニックは6月4日に開業20年目に突入しましたが
この栄養療法は大阪でいち早く取り入れ、18年目になります。

形成外科・美容皮膚科がどうして栄養療法の治療ができるんですか?との質問もたくさんありますが
女性の美しさ・健康は外見だけではなく内面からのアプローチが重要だと
院長がこの栄養療法に興味を持ち、18年経った今も、東京までセミナーに参加し勉強してかなりハマってます(笑)

私たちの身体は食べているものでできている。
私自身この言葉にとても興味があり、栄養カウンセラーになりました。
患者様とカウンセリングしながら色んなお話しを聞いて
泣いたり、感動したり、喜んだり、時には一緒に大笑いすることもあります。

いつまでも、健康で美しく!!
そして笑顔で居られる事!!
心身ともに健康で過ごせるようにと願っております。

先月に栄養療法がこれ1冊を読めばぜ~~んぶわかっちゃうマンガ本が発売されました。
新宿溝口クリニック
 院長 溝口 徹 著
まんが あらい ぴろよ
マンガでわかる「ツライときは食事を変えよう」

とっても読みやすい本に仕上がっています。
是非とお読みいただければと思います。

2019.06.12

眠れるようになったぁ~~^^

とっても笑顔が可愛い20代のMさんは4月末に栄養療法(オーソモレキュラー)を始めました。

心療内科で安定剤や睡眠導入剤を投薬されていましたが、薬を飲んでも寝付くまでにはかなりの時間がかかり

睡眠時間は1日3時間ぐらい・・・

寝ても1時間毎に目が覚めてしまう。

怖い夢を見て起きてしまう。

便秘もひどく、毎日のように吐き気も訴えていました。

彼女は「とにかく寝たい!! しんどいのに眠れない!!」と言っていました。

栄養解析の結果は、ビタミンB群不足・鉄欠乏・タンパク質不足、そして総コレステロールが低くて

とても疲れやすいのがわかりました。

データをもとに足らない栄養素を優先順位の高い方から3種類を処方しました。

またお食事の大事さをお話して、お食事の見直しをしていただきました。

まだ40日間ぐらいしか摂っていないのに

今日、彼女の第一声が「すっごい楽ぅ~~眠るまでまだ30分ぐらいはかかるけどホンマに眠れるようになったし、夢もみなくなったし

う〇こが出るようになって全然違うんですぅ~~^^ メッチャ嬉しい~~」ってすごい元気になっていた姿を見て

やっぱり栄養ってすごいんだなぁ~~と再認識しました。

まだ、安定剤や導入剤は少使っていますが、明かに違うのはご本人の体感だと思います。

そして、その身体の変化もご本人が一番わかっているんでしょうね。。。

彼女は断薬を希望していますが、今は焦らずにしっかりと栄養を入れながら減薬をしていこうね~~^^なんて話していると

「もしかして私、これは睡眠導入剤だよってラムネを渡されても、眠れるかもしれない(笑)」

薬が効いてるのか、効いていないのか自分でもよくわからないけど、飲まなかったら眠れないんじゃないかという不安が頭から離れないそうです。

でも、サプリメントを摂取したから眠れるようになってるってことは・・・ってことは??

あれれ??って 

ずっと笑顔で楽しそうにお話してるMちゃんでした(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.02

アトピー性皮膚炎

2週間前から栄養療法を始めている4歳のR君がクリニックに来てくれました。

今日は遅延型アレルギー検査の結果でお母様と来られましたが

な~んか2週間前とは違ってとっても元気?活発?になったように感じました。

検査の結果はやはりカゼインと、グルテンに反応があり、しばらくの間は除去したい旨をお母様にお伝えしました。

私「R君?黒いサプリメント(ヘム鉄bio)は飲めてるかなぁ~?^^」

R君「うん!1個だけ飲んでるよ^^」

私「すっご~~い!!えらいね~~きっとカユカユ治るからね~」と腕を撫でてあげるととっても喜んで笑っていました。

乳幼児だと粉ミルクに混ぜて哺乳瓶で飲ませる事もできるので、意外に栄養摂取しやすのですが

4歳の子がカプセルを1個飲むのってとってもしんどいはずなのに・・・と思うととても感動しちゃいました。

また第二子妊娠9週目のお母様はつわりがひどく、今までみたいにお食事が作れていないので

R君にも影響があるんじゃないかと心配されていましたが

R君の肌の状態はまだまだ変化はありませんが、あきらかに2週間前よりも元気になっているし、心配しなくて大丈夫ですよとお伝えしました。

その「心配」がストレスになる方がお母様には良くないんですよね^^

R君がアトピーになってしまったのは妊娠中の栄養欠損との関係があったとすると、お食事の見直しや栄養療法を取り入れて

次生まれてくる赤ちゃんにはR君のような辛い思いはさせたくないという焦りもでてきますが

つわりは一時のことですし治まってくればまた、食欲も戻り家事もできるようになりますから

今は鉄欠乏にならないようにしたいと思います^^

 

2018.02.22

栄養療法サイトのHPをリニューアルしました。

栄養療法サイトのHPをリニューアルしました。

専門サイト一覧

  • タトゥー除去・刺青除去専門サイト
  • メンズ専門サイト
  • リフトアップ専門サイト